簡単な催眠術について

今回は、簡単な催眠術についてです。よくテレビやセミナーなどこのような光景を見たことはありませんか、術師が受講生に催眠を掛けるときのこのようなやりとりです。術師が受講生の肩にそっと手を触れ、「はい、これであなたはもう立つことができません」と言っている光景です。実際、これだけで立てなくなってしまう人がいますし、そのようなことを多く見ます。実際には、立てないということではないのです。驚きますよね。これは立ってはいけないと自然と思ってしまうことで、動けなくなってしまうのです。本当にこのような気持ちだけなんです。これは受講生が術師はすごい人だ、すごい力を持っていると強く思っていれば思っているほど効果が期待できますし、本当によく出てきます。このようなものを権威暗示というのです。これも簡単な暗示なのです。

誰でもできる簡単な催眠術

今回は、誰でも出来る、家でも出来る簡単な催眠術についてです。みなさん、実は一回はやったことがあるかもしれません。思い出してみてください。それは、催眠術で手が開かなくなるということです。この手が開かなくなるというのは宴会などで昔から良くやるひとつの遊びなのです。何も知らない人に「強く手を握ってください。」というように力を入れさせます。このときは、真剣な顔でやるのがポイントなのです。そしてその拳を包むように両手で更に強く包みます。そして押すようにして「もうあなたの手は開くことができません」とはっきり言います。もちろんこの時も真剣な顔でお願いします。そうすると不思議なことに手が開かない人がほとんどなのです。私も初めはそうでした。数秒は開きません。なのでその間にそっと手に触れて「開きます」と言うと、手が開くようになるのです。

催眠を学んで挑戦する

よく自己暗示をかけるという言葉がありますがそれに似ているのが自己催眠で、最近は心理カウンセラーやマインドコントロールといった言葉がよく聞かれます。毎日の生活や仕事そして勉強といったことにもこの心というのは大事なことで、自分の心や気持ち次第で成功にも失敗にも転がってしまうともいえるのです。自己催眠というのは教えてくれるような教室もあれば、プロである人が心の悩みを聞くために行うようなところもあります。自分で自己暗示をかけてみたいのであれば教室で学ぶのがよく、その教室で教える講師ももちろんプロの人になりますので安心といえます。この自己催眠を学ぶことで色々な目標を達成することもでき、毎日の生活の中でも仕事をスムーズにこなしたいとか育児を上手になりたいなどの理想を叶えることもできます。自分次第でどうにもなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*