軽い催眠療法というもの

催眠、って聞くとなんだかオカルティックな響きですが、有用に使えばほんとうに便利な面もあります。もうちょっと軽い、リラックス程度の、催眠効果というのでしょうか。リラックスしてゆっくりと眠れるように暗示をかける、というのか。睡眠の質が低いといくら寝ても寝足りないってことがあるんですよね。私がそうでしたが、普通の睡眠を専門に取り扱ったクリニックに掛かって改善しました。そういう人がいたら、是非お医者さんにかかってみてほしいですね。お気軽な感じでいけますし、何かを買わされるってこともないです。泊まり込みで呼吸の状態を診たりだとか寝返りの状態を診たりだとかしてもらいました。指導の結果、ほんとラクになったなあ、と思います。あとはお話を聞いてもらったりだとかいくつか質問されたりだとか、そういう感じでしたね。

催眠効果のある日用品

およそ人にとって、よく眠れないことほどつらい事はありません。ところが世の中には、不眠で悩んでいる人は少なくありません。特に更年期を迎えた人の中には、様々な身体の不調の中に、不眠や眠りが浅いなどの悩みを持つ人がかなりいると言われます。こうした状況に対処するように、催眠効果のある様々なグッズが販売されています。例えば睡眠に大切なのは、寝具特に枕ですが、現在通販のカタログを見ると、いくつもの種類の枕が考案されているのが分かります。高さや柔らかさが調節できたり、頭が丁度収まるように設計されたものなど、安眠に対する追求はかなりのものです。その他アロマなど、忙しい現代人に向け、ストレス解消で安眠を誘うグッズも沢山販売されています。またストレッチなども、血の巡りをよくし、早くぐっすり眠れる効果があるので、色々試してみるとよいでしょう。

催眠を日常生活に役立てよう

催眠というものは一言で言うなら暗示です。暗示とは気持ちの集中です。気持ちの集中とは頭で思い描くイメージの集中です。それを日常生活で活かす事が出来る様になれば、催眠は自己の向上に大いに役立ちます。例えば入院している病気の人間の病を治すには医療の力だけではなく、患者の気持ちが非常に重要になります。同じ病気でも本人が治らないとイメージする人、治るとイメージする人では同じ生活をしていても治り具合に大きな差が出ます。この事実は単なる思い込みではなく、実際に記録して残っており、その情報を元に医療関係は更なる向上を目指しています。病院は白くて清潔に保つ、というイメージは患者の気持ちを治る方に向けようという部分も存在します。『病は気から』は嘘ではなく、大きな意味を持つのです。催眠は日常生活でも正しく活かせればとても役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*